スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

心・・・・・・脳

久し振りです

「幸せになるために生まれてきた」みんな、元気?

最近、脳科学者のジル・ボルト・テイラーさんの書いた『奇跡の脳』(竹内薫訳、新潮社)という本を読みました。
彼女は最先端をいく、ハーバード医学校で研究者をしていた時、自ら、脳卒中にたおれ、左脳の機能を失い、その後、驚異の粘り強いリハビリによって、回復したんだって。その過程で、自らの脳の再生を経験考察して、脳の可能性と神秘について、興味深い情報を私たちに伝えてくれています。
実際のところ、私たちは、脳の機能について、まだまだ知らないことだらけでだよね。そして、今の私たちが、脳の機能を十分に使いこなして生きているかと言えば、まだまだ・・・
例えば、最近、右脳、左脳と言うようなことが言われてきたけど、それさえも、あやふやで、意識するのって難しいよね。
ところが、この作者が、脳卒中によって左脳の機能を失った時、彼女は、周囲と自分を隔てる境界を持つ個体としての自己を認識できなくなったそうです。自分を流体のように感じ、自分も含めて、全てのものが、空間の中で振動する原子と分子の集合体であり、常に流動している存在、永遠の流れに結びついているのを感じたそうです。
そして、彼女は、孤独でも淋しくもなく、魂が宇宙と同じく大きく流れの中にあることを知ったのです。

凄いと思いません ? あなたの右脳、私の右脳もこのことを、まだ自分自身に強く自覚させていないかもしれないけど、この魂の存在が、本当なら、みんなつながっているんだね。

彼女はこう述べています。
『頭の中でほんの一歩踏み出せば、そこには心の平安がある。そこに近づくためには、いつも人を支配している左脳の声を黙らせるだけでいい』

実は、心の中で、いろいろ悩んでいるときとかは、言語で考えてるよね。言語をつかさどる機能は左脳にあるんだよ。過去のことにくよくよしたり、未来のことを心配したり、自分を責めたり、人や社会に腹を立てたり、憂うつになったり、虚しくなったり・・・
こんな心の状態を支配しているのは、左脳の扁桃帯や海馬にある辛い経験の記憶なのです。

でも思い出して!
あなたにも、右脳や、客観的思考をつかさどる前頭葉にある大脳新皮質があることを。

ここで、朗報があります。
脳の機能の使い方を自らセルフコントロールできるようになれば、うつで苦しんでいる人たちも脱出できるんだって。
熊本にあるShere & Care 協会では、そのためのセラピーをやって、凄い実績があがっているらしいです。
今度、東京でもこの『池田登式セラピー』を広げていこうとしているので、期待できるね。

このセラピーのワークショップがあるので(3月3日:番町会館)で、体験してこようと思ってます。

感想は乞うご期待!
スポンサーサイト

奇跡

 ね、奇跡だと思わない?
 
 あなたが、今、この時、この場所に、存在して、何かを感じたり、何かを考えたり、何かを見たり、聞いたりしているってこと。
 何故、今なの? 何故ここなの? 何故そんなこと感じているの? 何故そんなこと考えているの?

 不思議だよね。

 人って何のために生まれてくるんだと思う?
 
 幸せになるために生まれてくるんだよ。

 もし今、ちっとも幸せでないという人も、生まれた瞬間は、幸せになろうって思って生まれてきたんだよ。
 幸せの種を、ギュウーって、小さな小さな心の奥に、大切に大切に包み込んで生まれてきたんだよ。
 だけど、育てられた環境や、養育者の影響、様々な経験によって、その小さな種を発芽できていなかったり、双葉から、本葉へとどんどん育てていけなかったりして、その存在さえも忘れてしまっている人もいるかもしれない。でも、この種は、奇跡の種なの。いつからでも、発芽させられるし、いつからでも、育てていけるんだよ。

 だから、今日、このブログをよんでくれたあなたに、この種を大きな木に育てる言葉を教えるよ。
 〇〇〇には、あなたの名前を入れて、言葉を唱えてね。

    〇〇〇〇は、幸せになるために、この世に生まれてきました。
    〇〇〇〇は、幸せになるために、この世に生まれてきました。
    〇〇〇〇は、幸せになるために、この世にうまれてきました。

 わたしも、この言葉を唱えてから、寝るよ。そして、朝起きた時も!ちょっとしつこい?

    ミケニャンは、幸せになるために、この世に生まれてきました。
    ミケニャンは、幸せになるために、この世に生まれてきました。
    ミケニャンは、幸せになるために、この世に生まれてきました。 
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。